役員紹介

 

吉越 昌治

取締役会長 チーフ・オペレーティング・オフィサー

1984年日興證券(株)に転職し、投資工学研究所システム工学研究部長、投資工学研究所所長、投資信託部長、投資信託本部副本部長などを歴任後、日興アセットマネジメント専務取締役、グローバルラップ・コンサルティング・グループ(現日興グローバルラップ)代表取締役会長の要職に従事後、ファンネックス・アセット・マネジメント株式会社副社長を最後に2008年退職。2009年グッドバンカー(株)顧問。2011年10月ベストミックス・インベストメント(株)設立発起人となり現在に至る。日本証券アナリスト協会検定会員


 

古川 千春

代表取締役社長 CEO&チーフ・マーケティング・オフィサー

1980年日興証券(株)入社。国内営業店から国際営業部を経て日興ヨーロッパPLCロンドン営業部に9年間勤務し1994年に帰国。本社年金法人部にて厚生省及び公的年金担当。その後、確定拠出年金プロジェクト、営業企画部を経て1999年同社を退職しプライス・ウォーターハウス・クーパース・コンサルティング(株)に転職。2000年9月、モルガン・スタンレー・アセット・マネジメント(株)に入社し、同社の年金資産残高を5年間で10倍の3兆円強にするマーケティング戦略を展開。同社の取締役チーフ・マーケティング・オフィサー兼投資顧問部長を最後に2011年8月引退。2011年10月ベストミックス・インベストメント(株)代表設立発起人となり現在に至る。東日本大震災救援ボランティア・チーム フェニックス救援隊 代表。米国労働省調査レポートを「401kその手数料と費用」と題し東洋経済新報社から共訳出版(98年)


 

佐藤 紀昭

取締役 チーフ・インベストメント・オフィサー 兼 第一運用部長

1979年日本ユニバック(現、日本ユニシス)株式会社入社。1987年日興証券(株)に転職し、日興国際投資顧問(現日興アセットマネジメント)へ出向。同社のIT運用商品開発課及びIT運用課長。1993年米国ウェルズファーゴ銀行と日興証券が折半出資で設立したパッシブ運用会社のウェルズファーゴ日興投資顧問(後のBGI)に出向し、同社の最先端運用部門に従事。1994年に日興証券年金法人部に復職し年金基金のアセット・ミックスを分析するSATOモデル開発。1998年に再度日興国際投資顧問に出向し資産運用企画部長、投資顧問部部長を歴任し、2004年日興コーディアル証券(現、SMBC日興証券)に復職。その後、代替資産商品部部長や投資運用部長として、主にヘッジ・ファンドで数千億円の自己ポジションの運用を担当。また同社アセット・マネジメント本部にて海外の運用会社のデューデリジェンスやゲートキーピングを担う。海外運用会社多数にパイプを持つ。2011年9月末同社退職。2011年10月ベストミックス・インベストメント株式会社設立発起人となり現在に至る。中小企業診断士。日本証券アナリスト協会検定会員


 

髙田 三喜雄

取締役 チーフ・コンプライアンス・オフィサー

1975年日興證券(現、SMBC日興証券)入社。国内営業従事後、海外トレー二ーとして米国及び西独現地法人に於いて語学研修及び業務研修。1981年から日興ヨーロッパPLCロンドン営業部に従事後、1990年に帰国。日興国際投資顧問(現、日興アセット・マネジメント)に出向し特定金銭信やクオンツ運用ファンド・マネジャー。1995年に復職し、日興ヨーロッパPLCロンドン営業部長。1997年本社エクイティー部長、投資信託部長を歴任。1999年に同社を退職し、ジャーディン・フレミング投信・投資顧問(現、JPモルガン・アセット・マネジメント)に転職。2002年同社代表取締役社長。2005年に退社し豪州に語学留学。2007年に帰国後松山大学大学院に入学、2013年経済学博士課程前期終了。2011年10月、ベストミックス・インベストメント株式会社設立発起人となり、現在に至る。日本証券アナリスト協会検定会員


 

栗島 重和

監査役

1965年日興証券株式会社入社。本店営業部、国際営業部に勤務後、1971年コーネル大学ビジネススクールに留学。1972年に帰国後、日興証券株式会社国際営業部管理職を経て1976年日興ヨーロッパPLCロンドン店出向、営業部管理職。1980年日興インターナショナル株式会社ニューヨーク店出向、営業管理職。1983年日興証券トロント駐在員事務所出向、所長。1986年日興国際年投資顧問株式会社出向、国際投資部管理職。1990年日興証券株式会社社長室管理職。同年12月、ウェルズファーゴ日興アドヴァイザーズ出向、副社長。1991年日興国際投資顧問アメリカ出向、会長兼社長。1995年日興投資信託株式会社出向、国際投資部管理職。1999年日興証券株式会社人事部。2000年同社退社。2007年フォルティスインベストメントジャパンホールディング(株)非常勤取締役。同年10月同社退社。


黒田 英樹

顧問
JPアクチュアリーコンサルティング(株) 代表取締役社長、年金数理人 http://www.jpac.co.jp/

1985年大和銀行に入社。年金信託部において一貫して適格退職年金・厚生年金基金の数理業務を担当し、数多くの年金制度設計や指定年金数理人業務を行う。2000年プライスウォーターハウス・クーパースGHRSに移籍し、年金コンサルティングを手掛けた後、JPアクチュアリーコンサルティングを設立し現在に至る。 "
日本生産性本部コンサルティング部 退職金年金改革センター長。年金数理人、日本アクチュアリー協会正会員


井上 久志

顧問
北海道大学 名誉教授

三和銀行、バンク・オブ・アメリカ、日興リサーチ・センターのニューヨーク駐在事務所長、同経済調査部長を得て北海道大学大学院教授、学部長を歴任。英国マンチェスター大学 科学技術研究院 博士(国際経済学)。

このページの先頭へ戻る